TOP MESSAGE

多代さん

美味しいものを食べること。仲間や家族と一緒にテーブルを囲むこと。
 それは、とても楽しいことです。
 人が幸せを感じるもっとも身近な瞬間のひとつだと思います。
 
 「もてなしの気持ち」、「喜んでほしいという気持ち」。
その気持ちを直接的に表現・行動できること。
 それは、人であるからこそ感じる価値であり、
 人が生きていくうえで根幹にかかわる部分ではないでしょうか。
 
 一方で、人をもてなし、相手に喜ばれることの先には、新たな喜びが生まれます。
 私たちはお客様の笑顔や、かけていただく感謝のお言葉から、
日々、元気やエネルギーを、直接的に頂いています。
 日常の業務の一片をとっても、そこには、紛れもなく「人と共存して生きていく」という、
人がもっとも大事にすべきことで溢れています。
 
 私たちの会社が携わる「飲食業」という分野は、
そんな「人の原点」ともいえる要素が集約されている場所と考えています。
 
 
 これから先、今以上に加速度的に情報技術が発展し、
人々の生活がもっともっと効率的で便利になって、
今では想像も出来ないような世の中の新陳代謝が進むことになるかもしれません。
 でも、冒頭で触れた、食べることの楽しさや、
仲間や家族と食事をする幸せは、永遠に変わることはありません。
 いえ、これから先、今以上にその「楽しさ」と「幸せ」が、
他では取って代わる事の出来ない「潤い」になるのではないでしょうか。
 
 私たちの会社の経営理念である
『お客様に「喜び」と「感動」を与えられる素晴らしい仕事「飲食業」を通じて、
より高いレベルの自己実現を果たし、会社に携わる全ての人
(お客様、従業員、従業員の家族、お取引先様・・・)をハッピーにする』
には、私たちと触れ合う多くの人たちに、
どれだけ多くの、身近であたりまえの幸せを感じて頂けるか、
という強い思いを込めています。
 これからも、このシンプルだけど壮大なテーマを、
同じ思いを胸に持つ仲間たちと一緒に、愚直に、
そして何より「楽しく」取り組んでいきたいと思っています。

Keigo Tashiro
多代 圭悟
代表取締役