自分の経験から、 一つの難関を乗り越えれば絶対に 良いことがあります。 周りの仲間を信じて、 自分の選んだ道を信じて欲しいと これからの皆さんに伝えたいです。
亀田写真6

KAMEDA YUJI

所属

釜焼豚・中国酒家 大天門 ホールスタッフ

※インタビュー時 
Grill&Bar THE BALLY’S 丸の内 バーテンダー

2008年入社

 

入社して丸9年です。

入社のキッカケは若いうちに新しいことにチャレンジしたいと思い、

前職からウェイブズに転職しました。

 

当初から、バーテンダーとして商品開発にも携わり、

今はなき伝説の特化商品「浜松町ハーボール(浜ハイ)」を作れたことも

自分にとっての良い思い出です。

今思えば、BALLY’Sという店のスタイルそのものであったと自負しています。

 

浜ハイの後発である「BALLY’S ハイボール(バリハイ)コンペディション」

でも一位を取る事ができ、

どうせやるなら一位を狙っていたので無茶苦茶うれしかったです。

その商品が今の丸の内BALLY’Sの看板商品となっている事も自慢の一つです。

 

ウェイブズには、どの業態にもスペシャリストがいて魅力のある人がいるから、

その人に近づきたい、その人みたいになりたいと思ってやっている人が多いと思います。

お店に立っている時点で自分たちは常にプロなのでプロとして色々なことに向き合ってきたいです。

 

ウェイブズは代表の多代さんを筆頭にみんなが同じ気持ちで働いているなと感じます。

ドロップアウトしそうな人がいると、みんな自分のことのように助けてくれます。

人の繋がりが凄いなと思っています。

 

自分の経験から、

一つの難関を乗り越えれば絶対に良いことがあります。

周りの仲間を信じて、自分の選んだ道を信じて欲しいとこれからの皆さんに伝えたいです。